「とんでけ」なブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS プラサフの実験

<<   作成日時 : 2011/05/27 23:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

金属やレジンの下地に塗るプラサフやプライマー。
色々な種類が出てますが
どれが金属に最強か、というテストです。
他の方のブログ等でもお見かけしますが、
私も実験してみますね。

画像

@ クレオスから最近出たプラサフ。
A 前から使っているF'sのアクリルプラサフ。
B クレオスのレジンプラサフ。
C ガイアのマルチプライマー。
D F'sのパワープライマー。
E 全く使っていないクレオスのメタルプライマー。

散布する金属は洋白板とアルミ板です。
表面を#800のペーパーで削って、
スポンジ研磨剤の青で磨き、洗剤で洗って脱脂。

@は、クレオスの真溶媒液で希釈。
Aは、F'sのピュアシンナーで希釈。
Bは、固まりかけてるのでクレオスの真溶媒液で希釈。
Cは、原液のまま。
Dは、F'sのピュアシンナーで希釈。
Eは、原液のまま。

画像

上が洋白板で下がアルミ板です。
アルミ板のBはすでにマスキングテープで剥がれてます。
レジン用だから当然か。でも洋白には微妙に残ってる。

画像

画像

下半分にクレオスの黒を吹いて、セロテープで剥がします。
写真はセロテープ剥がし3回目くらいです。

アルミ板はAとEが剥がれました。
Eのクレオスのプライマーは当然としても、
F'sのプラサフが剥がれたのは意外でした。
クレオスのプラサは頑張ってますね。

洋白板はクレオスとF'sのプラサフも剥がれました。
なぜかBが残ってます。

画像

画像

最後に爪で擦ったりサンペで削ったりします。

アルミ板の黒部分の強度は C>D>@>A>E
黒を塗っていない部分は   @>D>A>C>E

洋白板の黒部分の強度は  C>D>@>A>E
黒を塗っていない部分は   @=A>D>C>E

黒を塗らない場合、アルミは@とD、洋白は@とAとDが超強力です。
特に@のクレオスは爪では全く剥がれません。

黒を塗った場合、Cが超強力ですが、
カリカリではなく、なんか接着剤的なベトベトした感じに剥がれます。


以上で実験は終了です。
結果、最強のプラサフ、プライマーはCのガイアのマルチプライマーですかね。

@、Aのプラサフは食い付き自体は強力で、爪でも剥がせないくらいですが、
上から色を乗せると侵食して剥がれ易くなるようです。
侵食しないように濃い目に吹くとか、何か解決策があるかもですが。

DのF'sのプライマーも色を乗せると多少剥がれ易いです。

Bはアルミには無力ですが不思議と洋白には頑張ってます。

Eは・・・ 触らなければ問題ありません。


今回高評価のガイアですが、中身はミッチャクロン?
接着剤的な成分で貼り付いている感じですね。
厚塗り厳禁とありますが、なるほど納得です。
上から塗装しない場合、表面がザラザラと言うかベトベトと言うか、
何か汚くなります。金属地を生かした仕上げには向いてないかも。
表面の確認や傷埋めなどのプラサフ的な使い方は出来ないけど
上から普通のサフを吹けば問題ないかと。

プライマーを小物の接着に使うことがありますが、
このガイアはぴったりかもしれません。

プラサフだったらクレオスかな?
でも普通のシンナーで希釈出来ないのがマイナスか。
F'sは同じF'sのパワープライマーを混ぜる方法もあり、
以前はよくやっていたんですが今回は比較するの忘れました。

適材適所、使い分けろってことですかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM 通販
プラサフの実験 「とんでけ」なブログ/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/09 18:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
しばらくです!
おおっ、凄い実験。
参考になります、こんな実験大歓迎です。
背番号16
2011/05/30 19:52
背番号16さん、お久しぶりです。
何だか中途半端な実験に
なってしまいましたね。
と、言いますか模型作れ!ですね。
ボンスコ
2011/06/01 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラサフの実験 「とんでけ」なブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる