アクセスカウンタ

<<  2014年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


セイコースポーツマチック7619

2014/11/21 02:25
何やら模型ブログにそぐわないタイトルが・・・
放置期間中におかしくなったか?

いままではあまり腕時計って興味なかったのですが
何かのきっかけで急に欲しくなりまして。
色々物色していると、アンティークを分解、レストアなどをして
楽しんでいる方々のブログを発見。
わたしも趣味でやってみたくなりまして・・・

手始めに手ごろな国産の60年代を何個か
オークションでゲットしてみました。

とは言っても、いきなり全バラってのも無謀ですから
ちょっと裏ぶたでもあけてみっかな?ってな具合で
ちょっと変った文字盤の48年前のスポーツマチックを始めてみると・・・・

なんか部品がポロっと出てきました(汗)
右の円盤状のパーツの上にある小さいやつです。

画像

いきなりケースから外してる写真ですみません。
それと黄色い台はスクリュー式の裏ぶたを
開ける時に固定する物です。まだムーブメントホルダを
入手してないので代用ですね。

ネットで調べると曜日送りのパーツのようですね。
この時計は曜日の送りが変だったので
原因はこのパーツの欠落のようです。
よく見るとこれが収まっている部分のプレートの
ネジが緩んでました。これが原因かな?
プレートを外して中にこのパーツを
取り付ければOKのようです。

画像

画像が前後しますがこれは針を外したり
取り付けたりする工具です。
こちらもまだ持ってないので自作しました。
使ってないマイナスドライバーと
プラ棒の先端に穴を開けたものを数種類。
ってかこれで十分ですねw

修理も上手くいったようなので
傷だらけのケースとプラ風防を磨きました。

画像

最初の状態の写真を撮り忘れましたが
結構傷だらけでした。ちなみに3000円。
風防はプラなのでサンペと模型用のコンパウンド、
最後に時計用のサンエーパールでピカピカです。

ケースはカドがダルくならないように
あて木で面を出しながら磨きました。深い傷は諦めます。
600番から始めて最後は10000番。
コンパウンドもカドを立てるように木片に刷り込んで磨きました。
風防を止めているワッカ(ベゼル?)は
木片とボルトで冶具を作って回転させながら磨いてます。

画像

5シリーズは今でもバリューゾーンで売られていますね。
しかし48年前の時計が今でも普通に動いているってスゴイですね。

軽い気持ちで裏ブタ開けたら重労働になっちゃいましたね。
でも中々楽しかったです。

今度はきちんと工具をそろえて全バラしますよ〜。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


<<  2014年11月のブログ記事  >> 

トップへ

「とんでけ」なブログ 2014年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる